カマンベールチーズのアヒージョ!スキレットで作るキャンプ飯

カマンベールチーズのアヒージョ!トマトが彩りのキャンプ飯

ネットでキャンプ飯を探していたときにたまたま見つけたのが
このスキレットで作る「カマンベールチーズのアヒージョ」です。

私たちの好きなチーズやウインナーなどで、
映える料理ということもあって、テンション高めに作りました(笑)

アヒージョに使ったオリーブオイルは残るので、
後半はキノコ類を入れて「キノコのアヒージョ」にアレンジ。

その他、いろいろバリエーションのアレンジが出来ると思いますよ^^

使用するキャンプギア

  • スキレット(15cmくらい)

材料

  • カマンベールチーズ
  • ウインナー
  • プチトマト
  • フランスパン
  • オリーブオイル
  • アヒージョの素
    (塩コショウ・ニンニク・コンソメでもOK)

作り方

手順1
スキレットの中央にチーズを置く

カマンベールチーズのアヒージョ
写真ではプチトマトから置いていますが、
中央にカマンベールチーズを置いてから、
トマトとウインナーを並べるほうがやりやすいです。

カマンベールチーズは、
あえてカットしてない丸ごとタイプを選んでいます。

後から切るほうが見た目が良いので丸ごとにしていますが、
食べるには切ってあるほうが食べやすいかも?

手順2
プチトマトとウインナーを交互に並べる

カマンベールチーズのアヒージョ
カマンベールチーズの周りに、2cm長に切ったウインナーと
プチトマトを交互に並べます。

加熱しても各材料の大きさはあまり変わらないので、
ぴったりすき間なく並べてOKです。

手順3
スキレットにオリーブオイルを注ぐ

カマンベールチーズのアヒージョ
材料が浸る8分目くらいまでオリーブオイルを入れます。
チーズの高さくらい入っているのがオススメ。

手順4
オリーブオイルにアヒージョの素を入れる

オイルに味付けをします。

私たちは「アヒージョの素」を入れましたが、塩コショウやニンニク、コンソメなどで
味をつけても良いと思います。

マキシマムとかも合うかもしれませんね。

マキシマム

手順5
焚き火orバーナーで煮る

カマンベールチーズのアヒージョ

私たちは焚き火で料理しました。

周りでフランスパンを焼いています。

ついでに焼き肉もやってます^^

アレンジ料理

全部食べてしまってもオリーブオイルが余ったので
舞茸、エリンギ、しめじを入れて、きのこアヒージョにして食べました。

カマンベールチーズのアヒージョ

これも美味しいですよ~♪

ちなみにスキレットの横で焼き肉してます(笑)

お肉の下に敷いている黒いシートは、
焼き肉の網が汚れないシートという商品で、
100円均一で売ってました!

これ、めっちゃ便利でしたよ^^

「こんなシート敷いて焼けるのか?」と思っていたら、
熱伝導が意外と良くって、良い具合に焼き肉できます。

料理のお味は?

想像どおり美味しかったです^^

カマンベールチーズはグツグツ煮ても、
意外と原型を残して固形なので食べやすかったですね。

ドロドロになるか?と思いましたがキレイに食べられました。

アヒージョの素は1回分で1/3袋くらい使いました。
濃いめがお好きなら1/2くらいまではOKと思います。

カマンベールチーズのアヒージョは、
材料も少ないし、調理も簡単だし、スキレット一つで出来るのでお手軽ですね^^

わたしたちの定番料理になりそうです♪

↓料理している様子です~(by 小板まきばの里キャンプ場)

料理の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)